Blog

エンジニア・クリエイター・マーケター限定 「本質的な面接対策会」を定期開催中

株式会社ワークビューは「人と組織の最高の出会いを演出する」をビジョンに、転職活動中の皆様に求人情報の提供に留まらないサービスを提供しております。

そのうちの一つが、面接が決まった企業への準備・対策サポートです。

面接において起こるミスマッチは、「スキル」によるもの、「スキル以外」によるものの2点です。

特に、「スキル以外」のミスマッチについて、組織が人材に「本質的に求めるもの」を、逆の立場に立ち理解することで飛躍的に改善することが可能です。

これまで、エンジニア・クリエイター・マーケターの求職者様向けに、面接前の対策会を随時ご要望に応じて実施してまいりましたが、実施後に以下のような声を多く頂戴しております。

================================
・組織が本質的に求める人材とは何か?からアプローチすることで、面接内で人物面の評価を得ることが増えた。
(30代男性/システムエンジニア)

・自分が普段から考えている事を、どのように伝えれば相手に伝わりやすいのか理解できた。
(30代女性/Webマーケター)

・ベクトルを個人ではなく、組織に向けて考えることで、面接内で伝える内容が変わり通過数が増えた。
(40代男性/Webプロデューサー)
================================

上記をはじめとする好評、および実際に対策実施後に通過率が向上した事例も多いことから、今後定期的に開催する運びとなりました。

※弊社にご登録いただいている求職者様限定となります。

弊社の面接対策は落選理由の本質を科学することからスタートしており、
面接で起こり得る数パターンの落選理由を項目分類化、数値化し可視化する事で、自分にとって足りない要素を定量的に把握してから、定性的に解決することに主眼をおいております。

ご興味をお持ち頂いた方は、担当コンサルタントまでお声がけください。
(弊社へのご登録がまだの方は、こちらよりご連絡をお願いいたします。)

WorkView

タレントアクイジションとは何か?

Talent Acquisition
将来の自社
ワークフォース アナリシス
キャンディデイト エクスペリエンス設計
タレントプール 構築・メンテナンス
採用プロセスの 最適化
タレントの 発掘・惹きつけ

この数年 海外を中心に、自社の採用担当の役職名に「リクルーティング担当」ではなく「タレントアクイジション担当」を使う企業が増え、採用人事のトレンドになりつつあります。

大きな違いとしては
リクルーティングが、 既に定義されたポジションごとに期間を定め応募者を募り、来た人材の選別していくことに対して

タレントアクイジションは、 将来の自社から逆算し、短期長期の採用ターゲットを定義、採用ブランドを構築し、候補者の獲得活動と同時に将来の戦力になりうる人材をプールしていくといった、より広範囲で経営戦略と密接した、継続的な攻めの活動を差します。

ワークビューはタレントアクイジションの構築に伴走する事で、人と組織の最高の出会いを演出します。